スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


GI値 その1

血糖値が上がりやすい食材、上がりにくい食材があります。
血糖値の上昇の度合は、GI値というもので表します。
これは先に書いた、食前に甘いものを食べてから食事をとると血糖値が上がりにくくなるということも関係しています。
GI値の高いもの、低いものを知っておくと良いですね。

野菜一つをとっても、GI値が全然違います。
大好きな野菜があったとして、もしもその野菜がGI値の高いものだったら、その野菜だけを食べるのは避けた方がよいことになります。

では、どんな食材のGI値が低くて、どんな食材のGI値が高いのでしょう。
ご飯をたくさん食べると血糖値が上がるとよく言われますが、実際には白米よりもパンの方がGI値は高いです。
ご飯にもパンにも甘みがありますから、そう考えると納得できますね。
ご飯は白米ではなく、玄米を混ぜたりすると良いですね。
玄米だけでも好きな人は、玄米だけにすると更にGI値も低くなります。

うどんやマカロニなどもとてもGI値が高いです。
蕎麦も意外にもGI値が高く、パン粉、片栗粉、天ぷら粉、小麦粉などもとてもGI値が高いです。
揚げ物は我慢した方が良さそうです。

にんじんもGI値が高いです。
にんじんのグラッセは血糖値がとても上がると聞いたことがあります。
同じ食材でも調理法によってGI値も変わってくるのでしょう。

おやつでは、ポテトチップスより煎餅の方が、GI値が高いのです。
おやつはどれもGI値は高いですが、意外なことが多くて驚きます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。