スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ペットボトル症候群とは?

若者の糖尿病患者が増えているのにはもう1つ大きな原因があります。
先にも書いたスポーツ飲料などによるものです。

ペットボトル症候群(清涼飲料水ケトーシス)です。
今の若い人達は首からペットボトルをぶら下げていたり、バッグには必ずペットボトルを入れて持ち歩く人も少なくありません。
小学生でも毎日持ち歩いている子供もいます。
このペットボトルの中身がスポーツ飲料や清涼飲料水の人も多いでしょう。
甘すぎず、喉の渇きを感じたら手軽に喉を潤すことができますから。
炭酸飲料と違ってガブガブ飲むこともできますし。

これを毎日繰り返しているうちに急性糖尿病になってしまうのです。
重度の糖尿病で、昏睡状態に陥ってしまうこともあります。
中身がお茶や水ならそんなことにはならずに済むでしょう。
しかし、スポーツ飲料や清涼飲料水を毎日たくさん飲み続けることで病気になることを知らない若者はたくさんいます。

スポーツ飲料や清涼飲料水のペットボトルにも注意書きなどありません。
スポーツ飲料は運動時に飲むためのものですから、表示がないのは仕方ないかもれませんが、一言大きく表示されていたならば、糖尿病にならずに済む若い人もたくさんいるのです。
水分の取り過ぎでだるいと感じることがあったとしたら、それは血糖値が上がっている合図ではないでしょうか。
生活習慣によって上がってしまった血糖値を下げるのは容易ではないこと、ペットボトル症候群と呼ばれる恐ろしい病気があることを多くの若い人にも知ってほしいと思います。

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。