スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


血糖値測定器

血糖値測定器というものがあります。
自分で手軽に血糖値を測定する器械です。
糖尿病の人は必ず使用しているのではないでしょうか?
病院で用意される場合もあるでしょうし、市販されているものもたくさんあるようです。

手のひらサイズで、測定にかかる時間や、採血する際に痛みを生じるもの、測定値の記憶容量など、メーカーにより様々な違いがあるようです。

針を刺して採血するのが苦手な方には針を刺さずに測定できるものもあります。
また、血糖値をこまめにノートに書き写す人もいるかもしれませんし、そういったことが面倒な人には記憶量も多いものが良いでしょう。

糖尿病でなくても血糖値が高めの人は、普段から自分で血糖値を測って自己管理できると良いですね。
しかし、必要以上に測って血糖値に神経質になってしまうのも良くありません。
ストレスで高血糖になってしまう人もいますから、決まった時間に適切に測ることが大切です。

空腹時や食後の一食ごとに血糖値を測って気にしていたら、返って精神的にも良くありません。
一回一回測定値を見て、喜んだり焦ったりするものではありませんので。
今は血糖値がちょっと高いからすぐに下げようと、食事や運動で調節しようとしたりするのは危険です。
決まった時間に定期的に測って、その日その日ではなく、トータルした結果を知ることを心がけましょう。

定期健診や血液検査で血糖値が高かったからと言って、医師の診断を受けずに血糖値測定器で測って自己判断することも危険です。
まずは医師の診断を受けて、自分は血糖値測定器が必要な体なのかどうかを確かめましょう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。